活動方針・事業計画

2018(平成30)年度 保育連盟活動方針並びに事業計画

基本方針

人間形成初期の乳・幼児期における保育の重要性が指摘されるなかで、特に今求められている「こころの教育」を推進する基盤として、宗教的情操教育に期待するところは極めて大きなものがある。
この時にあたり、宗祖親鸞聖人の生き方に学び、「まことの保育」の一層の充実と進展に努め、乳・幼児保育の確立をはかるとともに、卒園児に向けてみ教えを継続して伝えていくためのサポート体制を推進する。

スローガン

「親鸞聖人の生き方に学び、まことの保育を広めよう」

研修テーマ

「今を生きて 生かされて ともに育ち合う」~阿弥陀さまのお慈悲、報恩感謝~

重点項目

  1. ブロック、及び中央の研修会への積極的参加
  2. 研修活動の充実によるまことの保育者の育成
  3. テキスト『真宗の教えとまことの保育』、並びにサブテキスト「『真宗の教えとまことの保育』に学ぶ」、及び「幼児のおつとめ」DVDの普及・活用
  4. 保護者向け冊子『知っておきたい まことの保育~であいのよろこび~』の普及活用による「まことの保育」への理解の促進
  5. 『保育資料』の内容充実をもっての個人購読の推進
  6. 「まことの保育に関する教育相談」「こころの悩み相談」「施設創設運営にかかる相談」に関する相談窓口(コーディネーター)の設置
  7. 保育連盟加盟園に向けた「災害保険制度」(集団扱)の周知・奨励
  8. 宗門の重点プロジェクト実践目標である
    『<貧困の克服に向けて~Dāna for world peace~> ―子どもたちを育むために―』
    の教区・組・寺・自園等による具体的活動実践への積極的参画
    *『「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画・重点プロジェクト』参照

事業計画

  1. 各種委員会の開催

    教育原理委員会(まことの保育内容の研究)

    組織拡充委員会(全国組織の充実と活性化に向けた取り組み)

    研修委員会(研修テーマの研究、各種研修会の企画)

    教材資料委員会(『保育資料』の編集と新しい教材等の企画及び研究開発)

  2. 育成

    新任教職員補任式の実施(各教区・ブロック)《補任状・記念念珠の授与》

    ブロック別まことの保育大学講座の開催

    降誕会「園児のつどい」の開催
    5月18日(金) 於:本願寺

    「第6回まことの保育全国セミナー」の開催
    6月21日(木)~22日(金) 於:築地本願寺

    「第56回まことの保育中央講座」の開催
    8月18日(土)~20日(月) 於:本願寺

    教区組織の育成
    組織育成費の交付:会費完納教区に対し、7月31日までに完納10%、9月30日までに完納5%

    第62回仏教保育大学講座への参画
    8月1日(水)~4日(土) 真宗大谷派担当 於:東本願寺・大谷大学・洛兆

    真宗保育学会への参画
    10月26日(金)~27日(土) 於:兵庫大学

  3. 幼児教育振興共済金庫の充実促進
  4. 教材資料

    機関誌『保育資料』の刊行(714~724号)

    テキスト『真宗の教えとまことの保育』、及びサブテキスト「『真宗の教えとまことの保育』に学ぶ」の頒布促進

    保護者向け冊子「知っておきたい まことの保育~であいのよろこび~」の頒布促進

    保育連盟式章の頒布促進

    新紙芝居『落っこちたライオン』・『何でも見ることができる男』の頒布促進

    新「幼児のおつとめ」DVDの活用促進

    舞踊劇CD「子どもミュージカルおしゃかさま」頒布促進

    卒・入園教材の作製・頒布(保育証書・修了証書・本願寺派賞状・精勤賞状・皆勤賞状・証書ホルダー・合掌人形・念珠・園児用名札)

    その他(仏参用園児ガウン等)

  5. 保育連盟新ホームページの運営と、加盟園への電子メール配信システムの充実・活用
    http://hoiku.hongwanji.or.jp
  6. 「まことの保育」・保育者養成に向けた真宗保育学会、及び龍谷総合学園との連携
以上
pagetop